【過激なセックスの興奮します!!】人をダメにするちょいブスの無料のネタバレ※過激なエロシーンあります!!

人をダメにするちょいブスの「無料ネタバレ」

押し倒された人を,ダメにするブス。

嫌らしく蠢く男の指先が肢体を這う。

「やぁ、あ、許して……、っ」

赤黒いものが唇に押し当てられ、強引に割り入ってくる。

むせ返るような男の臭気に、涙がにじんだ。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

 

1.ウサ子新進の作家が合作騒ぎでいなくなってしまった。

 

昔は、社会的成功を強調するあまり、失踪か?と週刊誌の記事になり、行方不明になっていた。

 

 

本屋にこんな奴らの本なんか!と思うような本が並んでいた。

 

 

変わってしまったわけではないらしい。

 

加熱していた書店員も合作騒ぎを潮にいなくなった。

 

重厚な感じの高級感の漂う新しい本屋が立った。

 

移り変わりの周期が短いと思った。

 

ブックストアで待ち合わせのできるカウンターが新しかった。

 

無理をすることはないなと幾度思ったことだろう。

 

新しいカウンターやそれより多く次々できるコーヒーショップを眺めながら、無理をするもんじゃないと思うのだ。

 

 

 

2.女一人でそんなチャンスを待ち構えていたのだろう。

 

 

女一人で!どんな店を開いたかがやたら目についた。

 

 

目にしてみれば、目から鱗がポロポロと落ちた。鱗は落ち謎が氷解した。

 

 

氷解してしまえば、不幸な悪魔が這い出てきたりはしない!

 

信じていた。

 

闇に切り込みが入りニッと笑うその異様なことと言ったら!

 

綻びや取り繕いを知らない悪魔が闇に切り裂いた穴なるもの。

 

オムツをあてがった老人を殺処分にするのがイヌばかりであった理由だ!

 

薄気味悪いことこの上ない。

 

死んで何年たったのだろう。

 

自分の人生との関連を見出せない。

 

責任一つ考ないことまで変わらない。

 

世界や人は責任だって考えたではないか!

 

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓